ICDロゴ

Perl (Practical Extraction and Report Language)

【パール】

最終更新日: 1999/03/18

 機能性の高いC言語の長所と、ちょっとした処理を素早く実行できるShellの長所を併せ持つ言語処理系として、Larry Wall氏が開発したインタープリタ型のプログラミング言語。Perlは「Practical Extraction and Report Language」を略したものである。Perlは、Webサーバ側でCGIによるプログラムを実行する際のプログラム言語などとして広く利用され、大きく注目を集めるようになった。

 Perlは、テキスト処理コマンドのawkに対する不満から開発されたとされ、当初はテキストファイルの加工や整形処理などを行うことも主目的として開発された。しかしその後、言語仕様が拡張され、ファイル操作(ファイル名の変更やファイルの移動、コピーなど)や、システムやネットワーク処理機能が加えられ、幅広い応用が可能な言語処理系となった。Perlの最新バージョンであるリリース5では、オブジェクト指向の概念が導入されるなど、awkやsedなどのテキスト処理系とは一線を画する言語処理系として活用されている。

Copyright (C) 2000-2007 Digital Advantage Corp.

参考リンク

    Perl language page
    Perl関連の最新ニュースの取得、ソフトウェアダウンロードが行える。

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -