ICDロゴ

マイナー・バージョンアップ (minor version up)

最終更新日: 2003/03/31

 システムやプログラム、ハードウェア、仕様の改訂のうち、マイナー(小幅な)改訂のこと。どの程度の改訂がマイナー・バージョンに相当するのかははっきりと決まっているわけではないが、メジャー・バージョンアップに相当しない程度の小規模な変更や、対応するOS環境やハードウェアのバージョンアップに対応した修正・変更などはマイナー・バージョンアップとされる。ただしバグ・フィックスのみの修正は通常はマイナー・バージョンアップには含めず、単なる修正版としてリリースされることが多い。

 例えばWindows NT 3.5に対して、NTFSでのファイル圧縮機能などを追加したWindows NT 3.51が発表された。このNT 3.51とNT 3.5は見かけ上はほとんど変わらず、OSの内部的にも同一で、違いは周辺の機能追加だけだったため、マイナー・バージョンアップとなった。

 これに対し次バージョンのWindows NT 4.0では、ユーザー・インターフェイスがそれまでのものから一新され、Windows 95と共通化された。このように大幅な機能の向上、改良がなされたため、NT 4.0はメジャー・バージョンアップとなった。

Copyright (C) 2000-2007 Digital Advantage Corp.

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -