ICDロゴ

ドライカッパー (dry copper)

最終更新日: 2001/01/17

 電話回線網において、未使用になっている銅線。あるいは電話回線のみを他の通信事業者に貸し出すこと。「ドライ」は、電気信号が伝わっていない「枯れた」状態を表し、「カッパー」は電話回線に用いられている銅線(メタル・ケーブル)の「銅」を表している。

 ADSLでは、利用者宅に引き込まれている加入者線(メタル・ケーブル)の両端に、ADSL用機材を設置・接続してメガビット・クラスの高速通信を実現する。NTT以外の事業者がADSLサービスを提供する場合、この加入者線をNTTから借り受ける必要がある。これをドライ・カッパーと呼ぶ。ADSLサービスの普及には、このドライ・カッパーがどれくらい安価かつ速やかにADSL事業者に対して提供されるかが重要なポイントといえる。

 なお、同じ未使用回線の貸し出しでも、光ファイバの場合は「ダーク・ファイバ」と呼ばれる。

Copyright (C) 2000-2007 Digital Advantage Corp.

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -