ICDロゴ

Ultra ATA/33 (Ultra AT Attachment/33)

【ウルトラ・エー・ティー・エー・サンジュウサン】

別名
ATA/33 (AT Attachment/33) 【エー・ティー・エー・サンジュウサン】

最終更新日: 2001/09/21

 IDEインターフェイスの拡張仕様であるUltra ATAのシリーズのうち、最初に登場したバージョンをUltra ATA/33あるいはATA/33と呼ぶ。Ultra ATA/33では、Ultra DMA/33という転送モードが追加されたことにより、最大転送速度は33.3Mbytes/sと従来の2倍に高められたほか、IDEケーブルを通過するデータの信頼性も向上した。

 Ultra ATAの登場後、ハードディスクの速度向上に伴い、IDEインターフェイスの転送速度をさらに高めたUltra ATA/66やUltra ATA/100という拡張仕様が登場した。そこで、最初に登場したUltra ATAを特定するために、Ultra ATA/33あるいはATA/33という名称が用いられるようになった。

Copyright (C) 2000-2007 Digital Advantage Corp.

関連用語

参考リンク

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -