ICDロゴ

JPRS (Japan Registry Service Co., Ltd.)

【ジェイ・ピー・アール・エス】

別名
株式会社日本レジストリサービス

最終更新日: 2004/01/07

 JPドメイン名の登録や管理、ドメインネームシステムの運用を行なう目的で、2000年12月26日に設立された会社。略称は「JPRS」。

 JPドメイン名の登録管理業務は、元々、日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)という社団法人が行なっていた。しかし、ドメイン名に対する需要が多様化し、登録申請数も急速に増加してきたことにより、非営利という制約の中での対応には限界が見えるようになってきた。JPNICは、こうした状況に対応するため、汎用JPドメイン名を新設してドメイン名の名前空間を拡張するとともに、JPドメイン名管理業務そのものを民営化することを決断した。ドメイン名管理業務をビジネスにすることで、業務の増大に合わせた迅速なリソース拡張が可能になるなどの効果が期待されている。もちろん、営利企業とはいえ、ドメイン名管理業務に関しては、中立かつ公平な立場で業務を遂行することが求められている。

 2002年2月27日にICANNとの間でccTLDスポンサー契約を締結したことを受け、2002年4月1日に属性型ドメイン名、地域型ドメイン名を含むJPドメイン名登録管理業務がJPNICからJPRSに全面的に移管された。

Copyright (C) 2000-2007 Digital Advantage Corp.

参考リンク

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -