ICDロゴ

IDS (Intrusion Detection System)

【アイ・ディー・エス】

別名
侵入検知システム (Intrusion Detection System) 【シンニュウ・ケンチ・システム】

最終更新日: 2001/07/30

 ファイアウォールの機能の1つで、外部から攻撃や侵入が試みられていることを検知して、それを阻止するための機能のこと。インターネットからの通信パケットを常時監視していて、通常の通信とは異なる、侵入を試みるような特定の通信パターンを見つけ、そのような通信を阻止する。例えば、ある特定のソフトウェア(メールサーバとかWebサーバ、DNSサーバなど)におけるよく知られたセキュリティホールへの攻撃や侵入を試みていることが分かると、その通信をブロックして、ログに残すなどの動作を行う。

Copyright (C) 2000-2007 Digital Advantage Corp.

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -