ICDロゴ

ダウンストリーム (down stream)

最終更新日: 1998/10/28

 サーバ側からクライアント側へのデータの流れ。これとは逆に、クライアント側からサーバ側へのデータの流れはアップストリームと呼ばれる。

 Webブラウザなどを利用したWebページの参照などでは、クライアント→サーバへのデータ転送よりも、圧倒的にサーバ→クライアントへのデータ転送が多い。このためいくつかのネットワーク機器では、アップストリームよりもダウンストリームの転送能力を大きくしている。このようなネットワーク機器は非対称型と呼ばれ、具体的には、モデムのV.90(ダウンストリームは56kbps、アップストリームは33.6kbps)やADSL(ダウンストリームは最大12Mbps、アップストリームは最大2Mbps)などがこの方式を採用している。

 ただしこれらの非対称型のネットワーク機器は、アップストリームにも大きな転送能力が必要なテレビ会議システムなどには向かない。

Copyright (C) 2000-2007 Digital Advantage Corp.

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -