ICDロゴ

X-OFF (X-OFF)

【エックス・オフ】

最終更新日: 1998/09/30

 ソフトウェアフロー制御において、データの送信元に対して、送信を一時的に止めるように要求するためのコマンド。通常はCtrl-S(0x13)が使われる。XOFFともいう。

 X-OFFは通信だけではなく、MS-DOSのコンソールなどにおいて、表示を一時停止させるためにも使われる。画面への表示中にX-OFFをキー入力すると、次に何かのキーを押すまで次の文字の表示が停止し、表示されたデータをゆっくり読むことができる。

Copyright (C) 2000-2007 Digital Advantage Corp.

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -