ICDロゴ

PROM (Programmable Read Only Memory)

【ピー・ロム】

最終更新日: 1999/05/24

 ROMの一種で、ユーザーがその内容を書き込めるようにした不揮発性半導体メモリ。これに対して、IC製造時にデータが決められており、後でユーザーが書き込むことができないメモリはマスクROMという。マスクROMは、大量に生産すれば安価になるが、納期や生産量、ROM内に書き込むデータの内容によっては、あまり向いていない。PROMを使うと、そのコストは若干高くなるが、ユーザー側でデータを書き込むことができるので、プログラムのバグフィックスや機能追加、多品種少量生産、短納期などに柔軟に対応できる。

 PROMには、一度だけしか書き込めないワンタイムタイプと、何度でも消去して繰り返し書き込める消去可能タイプの2種類がある。ワンタイムタイプのPROMでは、内部に用意されたヒューズや回路などを電気的に飛ばす(焼き切る)ことでデータをプログラムするものや、単にUV-EPROMから消去用の窓を省いただけの製品などがある。

 消去可能タイプのROMはEPROM(Erasable PROM)と呼ばれ、その内部構造によって、UV-EPROMやEEPROM、フラッシュメモリなどに分類される。

Copyright (C) 2000-2007 Digital Advantage Corp.

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -