ICDロゴ

SXGA+ (Super eXtended Graphics Array plus)

【エス・エックス・ジー・エー・プラス】

最終更新日: 2002/05/29

 ディスプレイやグラフィックスの画面において、1400×1050ドットの解像度を指す。より高い解像度としては、UXGA(1600×1200ドット)やQXGA(2048×1536ドット)がある。画面の縦横比は4:3であり、これはSVGA(800×600ドット)やXGA(1024×768ドット)、UXGA(1600×1200ドット)と同じである。

 SXGA+対応のディスプレイ/グラフィックスは、デスクトップPC向けではほとんど見かけないものの、モバイル・ワークステーションなどと呼ばれている一部のハイエンド・ノートPCで採用する機種がある。

Copyright (C) 2000-2007 Digital Advantage Corp.

関連用語

SXGA
UXGA
QXGA

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -