ICDロゴ

TFT (Thin Film Transistor)

【ティー・エフ・ティー】

最終更新日: 1999/03/18

 液晶ディスプレイの1種。液晶の駆動方式としてアクティブマトリックス方式を利用し、応答速度の高速なアクティブ素子を使用することで、高精細、高コントラストの表示を可能にする。

 TFTでは、アクティブ素子としてアモルファスSi-TFT、高温多結晶Si-TFT、低温多結晶Si-TFTに代表される「3端子素子」を利用する。これはスイッチング速度が高速で、動画などの表示も可能で、線数にかかわらずに高画質・高コントラストの表示ができるという特長がある。一方のTFTの欠点は、3端子のアクティブ素子を使用するため、配線が複雑で、製造コストが高価なことである。このため以前は、ローエンドモデルのノート型PCにはDSTNタイプの液晶ディスプレイが搭載され、ハイエンドモデルにTFT液晶ディスプレイが搭載されるというふうにラインアップが切り分けられることもあった。しかし最近では、TFT型液晶ディスプレイも、かなり低コストで製造できる技術が確立され、ノート型コンピュータのほとんどで広く採用されるようになってきた。

Copyright (C) 2000-2007 Digital Advantage Corp.

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -