ICDロゴ

CSMA/CD (Carrier Sense Multiple Access with Collision Detection)

【シー・エス・エム・エー・シー・ディー】

最終更新日: 2002/05/15

 ブロードキャスト型のネットワークで利用されるアクセス制御方式の1つ。

 CSMA/CD方式のネットワークでは、すべてのノードが論理的に1つのケーブル上に接続されているので、各ノードが衝突を起こさないようしてデータを送信する。データを送信するノードは、まず最初にネットワークをモニタし、他のノードが現在通信中でないかどうかを調べる(この処理をキャリアセンスと呼ぶ)。このとき通信中なら、それが終了するまで待機する。通信中でなければ、データの送信を開始する。

 このようにノードがネットワークの使用状態を調査してデータ送信を開始した場合でも、他のノードも同様にネットワークが未使用であると判断してデータ送信を開始すると、データの衝突が発生する可能性がある。このためノードは、データを送信している間、他のノードのデータ送信による衝突が発生していないかどうか、ネットワークをモニタする。このとき衝突(コリジョン:collision)を検知した場合には、ジャミング信号(jammingは「妨害電波」の意味)をネットワークに発信し、一定時間待ってから再度データ送信を開始する。

Copyright (C) 2000-2007 Digital Advantage Corp.

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -