ICDロゴ

BOOTP (BOOTstrap Protocol)

【ブート・ピー】

最終更新日: 1999/08/26

 ハードディスクを搭載しないディスクレスクライアントシステムが、ネットワークアクセスを行うためのIPアドレスやサーバアドレス、起動用プログラムのロード先などを見つけだし、システムを起動できるようにすることを目的として開発されたUDP/IP上のプロトコル。

 このBOOTPを利用すれば、ネットワーククライアントのIPアドレスやホスト名、ドメイン名、サブネットマスク、デフォルトゲートウェイアドレス、ネームサーバアドレスなどの情報を、クライアントの起動時に動的に割り当てられるようになる。本来TCP/IPネットワークでは、各クライアントごとにこれらのネットワークパラメータを設定する必要があるが、BOOTPを利用すれば、クライアントの管理をサーバ側で集中的に行えるようになる。

 このBOOTPをベースとして、一部を改良したDHCP(Dynamic Host Configuration Protocol)がその後開発され、広く利用されるようになった。

Copyright (C) 2000-2007 Digital Advantage Corp.

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -