ICDロゴ

NOT演算 (NOT operation)

【ノット・エンザン】

別名
論理否定演算 (NOT operation) 【ロンリヒテイ・エンザン】

最終更新日: 2002/04/03

 コンピュータで使われる基本的な論理演算の1つで、論理否定演算とも呼ばれる。入力されたデータの逆を返す演算であり、入力が「真」ならば出力が「偽」となり、入力が「偽」ならば出力が「真」となる。2進数で表現すると、入力が「1」ならば出力は「0」、入力が「0」ならば出力は「1」となる。

入力
出力
0
1
1
0
NOT演算
入力が1ならば出力は0、入力が0ならば出力は1となる。NOT演算は、AND演算やOR演算などと違って、1入力、1出力の演算。

 回路図上でNOT演算回路(「NOTゲート」とも呼ばれる)を表現する場合は、次のようなMIL記号が使われることが多い。MIL記号は、米国軍用規格(Military Standard)として決められている論理記号である。

MIL記号によるNOTゲート
MIL記号によるNOTゲート
左側が入力で、右側が出力を表している。正確には「○」の部分が否定を表し(「△」単独では単なるバッファであり、入力がそのまま出力となる)、ほかのANDゲートやORゲートなどにこの「○」記号を付けて使うこともある。

Copyright (C) 2000-2007 Digital Advantage Corp.

関連用語

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -