米国子会社を設立したリアルコム、「プレゼンスを高める」

2006/3/24

 ナレッジマネジメントの専業ベンダであるリアルコムは3月22日、米国の開発・販売拠点としてシリコンバレーに全額出資子会社、REALCOM TECHNOLOGYを設立したと発表した。販売やサポートのほかに次世代製品の企画開発も行う予定で、リアルコムでは「グローバル展開を担う」と位置付けている。

 リアルコムによると同社の製品はこれまでに海外企業の数社から引き合いがあり、「日本国内のみならず海外でもニーズがある」と判断。米国に子会社を設立することにしたという。REALCOM TECHNOLOGYの設立は2月8日。カリフォルニア州マウンテンビューにオフィスを設立した。リアルコムの代表取締役社長 谷本肇氏が、米国子会社の代表を務める。

 谷本氏は「IT、特にソフトウェア・ソリューションの分野では日本企業の存在感は非常に薄い」と指摘。米国子会社の設立で「リアルコム、そして日本企業のプレゼンスを高めていきたい」としている。

 リアルコムのパッケージソフトウェア「REALCOM KnowledgeMarket」は国内で、東京三菱銀行やNEC、NTTソフトウェア、丸紅など80社以上が採用しているという。

(@IT 垣内郁栄)

[関連リンク]
リアルコムの発表資料

[関連記事]
喫煙ルーム、居酒屋の情報も社内SNSで共有 (@ITNews)
リアルコムが“暗黙知”を重視したナレッジマネジメント (@ITNews)


- PR -

「ITmedia マーケティング」新着記事

「Spotify」がさらに市場拡大 まさに音速の勢いでアフリカ大陸まで届く
「Spotify」の10億人ユーザー獲得への成長ロードと、パンデミック後へのしたたかな戦略

電通「LGBTQ+調査2020」 性的少数者が企業に「望むことがある」業種 最多はメディア
LGBTQ+に対する意識と知識、当事者と企業などの関係についての調査です。

集英社が主要Web媒体の広告枠をアドベリフィケーション対応に
主要媒体の基本的な純広メニューおよびPMPでのディスプレイ広告につき、あらかじめ広告主...