NIコンサル、企業経営の「見える」化を実現する新製品をリリース

2006/4/25

クリックで画面を拡大します

 NIコンサルティングは4月24日、企業の経営状況を一目で一覧できる経営情報可視化システム「経営CompasScope(コンパスコープ)」を発売すると発表した。

 同製品は、BSCでいう財務の視点、顧客の視点、業務プロセスの視点、人材と変革の視点の4つの視点から経営情報を分析・表示する経営ダッシュボードシステム。同社のSFA製品のアドオンとして動作する。

 経営や営業活動の状態を表す指標をさまざまなグラフやメーターで表示し、目標値やKPIと比較しながら、各指標の進ちょくを一目で把握することを可能にする。グラフやメーターなどのパーツは、自由に選択、レイアウトすることができる。あらかじめ設定した基準を達成しなかった場合にイエローカードを表示する機能、目標達成時に「おめでとう」などのメッセージを自動配信する機能なども備えている。

 価格は10クライアントで10万円から。同社では、2006年の販売目標本数を230本としている。

[関連リンク]
NIコンサルティングの発表資料

[関連記事]
NIコンサル、デル・NTTコムとオールインワンの営業支援パック(@IT NewsFlash)
ハイペリオン、新バージョン「Hyperion Performance Suite 8.5」を発表(@IT NewsFlash)
ブリッジ、オンデマンド経営ダッシュボードソリューションを提供(@IT NewsFlash)


- PR -

「ITmedia マーケティング」新着記事

エンワールド・ジャパン片山 旭氏が語る、マーケターからカスタマーサクセス スペシャリストへの道
B2Bマーケター注目のイベント「Bigbeat LIVE」が2019年8月2日に開催される。そこに登壇す...

夏休み中の小学生のテレビ視聴は41分増、ネット動画視聴は26分増――スカパーJSAT調査
スカパーJSATは、夏休み中の小学生の生活時間についての調査を実施しました。

継続的な改善でWebサイト育成、成功に近づくために必要なこと
Webサイト育成のポイントは、制作を担う部署だけでなく関係部署が連携して取り組むことに...