ビジネスを可視化する情報システム化アプローチ「3D-VE」を提供開始、日本ユニシス

2006/4/27

 日本ユニシスは4月26日、同社を含む日本ユニシスグループが米国Unisys Corporationの情報システム化にかかわる方法論、ひな型などを含むアプローチ「3D-Visible Enterprise(3D-VE)」を顧客サービス向けに導入すると発表した。

 3D-VEは企業の可視化を支援する知財活用型の情報システム化アプローチで、4層からなるアーキテクチャと、方法論、ツール、成果物、参照モデルから構成される。ビジネス部門(ビジネスアーキテクチャ)と情報システム部門(テクニカルアーキテクチャ)を対象にコンサルティングなどのサービスとして提供する。米国Unisysでは、3D-VEを適用した業種別ソリューションを開発・提供しているという。

 日本ユニシスでは、「モデル化技術」「上流から下流までをつなぐ技術」「情報システム知財化・蓄積技術」「知財の再利用」などを「知財活用型システム化アプローチ」と称し、「3D-VE」はその一環と位置付けており、日本ユニシスグループは、3D-VEと既存のサービスや技術を組合せることにより、知財集約型サービスを目指す。

[関連リンク]
日本ユニシスの発表資料

[関連記事]
IDSシェアーがパートナー組織、BPMの大ブレークに備える(@IT News)
「日本のSI、ベンダの悪いところは……」、ユニシス社長(@IT News)
悪循環を断ち切る効率的なシステム開発を考える(@IT News)


- PR -

「ITmedia マーケティング」新着記事

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...

「スーパーアプリ」の台頭がアジアのモバイルファイナンス成長を後押し――AdjustとApp Annieが共同調査
AdjustはApp Annieと共同で「モバイルファイナンスレポート2019」を発表しました。