GMOインターネット証券、ジョブ管理ツールで証券業務バッチを安定稼働

2006/8/8

 ビーエスピーは8月7日、同社のジョブ管理ツール「A-AUTO」がGMOインターネット証券の証券業務におけるバッチ業務処理の自動化ツールとして採用され、本番稼動したと発表した。

 GMOインターネット証券では、今後のさらなる口座数が増加、サーバ数や業務処理量の増加を見据え、信頼性・拡張性の高いジョブ管理ツールの導入を検討していた。GMOインターネット証券のシステム環境は、大部分はLinuxながら一部にWindowsも存在しており、両プラットフォーム間におけるジョブ連携が必要なことから、マルチプラットフォーム対応のA-AUTOを採用した。GMOインターネット証券では「A-AUTO for Windows」「A-AUTO for Linux」を導入から1カ月弱で本番稼動させ、バッチ業務処理の安定稼動と効率的な運用管理体制を構築したとしている。

[関連リンク]
ビーエスピーの発表資料
GMOインターネット証券

[関連記事]
目指すはGoogleの証券会社版〜GMOインターネット証券(@IT News)
ソニー生命、マルチプラットフォーム環境でのバッチ・ジョブ自動運用に「A-AUTO」を採用(@IT NewsFlash)
NTTデータ、オープンソース運用管理ツールの新版を公開(@IT NewsFlash)


- PR -

「ITmedia マーケティング」新着記事

「サブスク疲れ」を超えて広がるOTTメディアとモバイル広告のこれから
現在のOTTはサブスクリプションモデルが主流です。しかし、長期的にはストリーミングコン...

コト売り企業とモノ売り企業のレジリエンス(回復力)の違い――Zuora Japan調査
Zuora Japan2020年の「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」レポート...

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...