芝浦工業大学、豊洲新キャンパスに広帯域の統合IPネットワーク基盤を構築

2006/9/23

 芝浦工業大学とNEC、NECネッツエスアイは9月22日、共同で芝浦工業大学の豊洲新キャンパス内に広帯域の音声・データ統合型IPネットワーク基盤を構築したと発表した。

 芝浦工大が導入したのは、10ギガ/秒通信のバックボーンネットワーク。従来の最大1ギガbpsだった帯域を10ギガbpsへ広帯域化し、工学用の大容量データ送受信や科学技術計算がストレスなく行えるようになった。

 ほかにNECのSIP対応テレフォニーサーバ「UNIVERGE SV7000」、およびIP電話機400台、内外線対応PHS端末200台などを導入し、モバイルセントレックスシステムを構築。職員各人が1つの電話番号でPHS端末から内線・外線通話を行ったり、外出先から自分あての電話やFAXを電子メールで確認できるユニファイド・コミュニケーションを行ったりすることを可能とした。

 芝浦工大は今後、同システムをベースにほかの5つのキャンパスにもIP電話システムを順次導入することを目指しており、本年10月からは大宮キャンパスでPHS端末を利用したシステムの稼働を予定している。

[関連リンク]
NECの発表資料
NECネッツエスアイの発表資料
芝浦工業大学

[関連記事]
SI業者だからこそのモバイルセントレックス、NTTソフト(@IT News)
フジタ製薬、ユニファイドソリューションでワークスタイルを一新(@IT NewsFlash)
シスコ、SONAに基づくユニファイド コミュニケーション システム(@IT NewsFlash)
マンダリン オリエンタル 東京がIP電話システムを全面導入、NEC(@IT NewsFlash)
レガシー環境でも無線IP電話を利用、NECが新IP-PBX(@IT News)
「UNIVERGE」、NECの新ブランドが実現すること(@IT News)


- PR -

「ITmedia マーケティング」新着記事

電話サポートの保留音、世界の主流はクラシック――Genesys調査
13カ国で実施した電話サポートの保留音に関する調査結果です。

エコ活動・SDGsへの意識 「フードロス」「廃プラスチック」に高い関心――CCC調査
エコ・環境問題への関心や関連トピックスへの認知度などを調査しています。

国内アフィリエイト市場、仮想通貨やロボアドバイザー関連商材の成長で金融分野が拡大――矢野経済研究所調べ
矢野経済研究所の調査によると2019年度の国内アフィリエイト市場規模は前年度比8.7%増で...