INAX、大量データをグラフ化・可視化する分析システムを稼動開始

2006/11/28

 ウイングアーク テクノロジーズは11月27日、同社の多次元高速集計検索エンジン「Dr.Sum EA」が、INAXの製造部門における生産管理情報のデータ管理に採用され、2006年11月よりタイル建材事業部で本格稼動したと発表した。

 INAXでは早い時期から社内で開発した分析システムを利用してきたが、同システムを生産調達管理へ導入するに当たり、「データ処理に手間と時間がかかる」「工場ごとの個別管理が困難」「必要なタイミングで情報提供ができない」などの問題があり、これらを解決するため、「Dr.Sum EA」の採用を決定した。

 「Dr.Sum EA」を最初に導入したタイル建材事業部では、件数約800万件にも及ぶ大量データのグラフ化作業を一元化することで、業務効率化を実現した。また、商品カタログの利用実績データから印刷部数を推測することにも利用し、カタログ・コストの削減を期待している。

 INAXのタイル建材事業部では順次、主要な6つの生産拠点での新分析システム本格稼動に備えた作業を進めていき、より効率的な業務運用を目指す。またINAXは今後、データ提供の標準化・定型化を目指し、全製造部門への導入を予定している。

[関連リンク]
ウイングアーク テクノロジーズの発表資料
INAX

[関連記事]
メインフレームやSAPのデータをDr.Sum EAに取り込めるツール(@IT News)
サークルKサンクス、64bit/オンメモリDBで売上分析システムを再構築(@IT NewsFlash)
ウイングアーク、Dr.Sum EAの機能を拡張する比較・分析ソフトを出荷(@IT NewsFlash)


- PR -

「ITmedia マーケティング」新着記事

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...