流通科学大学、キャンパス情報を集約する新情報ポータル・システムを構築

2006/12/5

 京セラコミュニケーションシステム(KCCS)と日本IBMは12月4日、流通科学大学がキャンパス情報を集約・提供する新情報ポータル・システム「RYUKA Portal」を構築したと発表した。同システムは、9月より稼働を開始している。

 同システムは、それまで30以上のデータベースに分散されていたキャンパス情報を1つに集約するもの。全学生・教職員約5000名を対象にした大規模システムで、日本IBMのポータル構築ソフトウェア「WebSphere Portal Ver5.1」をベースに、KCCSと日本IBMが協力して約3カ月で設計・構築した。

 既存の「Lotus Notes/Lotus Domino」に蓄積された情報資産を継承すると同時に、他システムとの連携・統合を実現。「Lotus Notes/Lotus Domino」と連携して複数データベース間の新着情報を集約する「What's Newポートレット」「メールポートレット」「ビューポートレット」を流通科学大学とKCCSが共同開発し、必要な情報を1ページに集約表示する仕組みを搭載する。このほか、Domino DirectoryとActive Directoryを連携させ、ユーザー管理の一元化やセキュリティ向上を図っている。

 流通科学大学では今後、モバイル対応やコンテンツ拡充にも積極的に取り組むとしている。

[関連リンク]
京セラコミュニケーションシステムの発表資料
日本アイ・ビー・エムの発表資料
流通科学大学

[関連記事]
玉川学園、幼稚園から高校までの全施設をカバーするワイヤレス環境を完成(@IT NewsFlash)
芝浦工業大学、豊洲新キャンパスに広帯域の統合IPネットワーク基盤を構築(@IT NewsFlash)
岐阜大学でMacromedia Breeze採用、教授100人が納得(@IT News)
「ITの時代は終わった」――大学CIOフォーラム(@IT News)


- PR -

「ITmedia マーケティング」新着記事

TikTokをマーケティングに活用する企業がショートムービーでユーザーの心をつかむためにやっていること
TikTokをマーケティングプラットフォームとしての可能性に注目している企業は多いだろう...

日本は「行きたい国」1位――電通「ジャパンブランド調査2019」
電通が20カ国・地域で実施した「ジャパンブランド調査」の最新版の結果から、外国人の訪...

新発売の「iPad mini」を差し上げます
メールマガジン「ITmedia マーケティング通信」を新規にご購読いただいた方の中から抽選...