長野県辰野町、基幹系システムでシンクライアント端末が本格稼働

2006/12/26

 サン・マイクロシステムズは12月25日、同社のシンクライアント端末「Sun Ray Virtual Display Client」が、長野県上伊那郡辰野町の情報系システムに採用・本稼働を開始したと発表した。

 長野県辰野町では、町民の情報を取り扱う基幹系システムは上伊那地区8自治体が共同で運営する「上伊那情報センター」で集中管理されるが、情報系システムは同町独自の管理・運営となっていた。その中で高度なセキュリティ、運用管理負荷の軽減、TCO削減などの実現するためにSun Rayの採用を決定、同町の情報系端末(Web、メール、グループウェア、Office)として40台を導入したもの。今後200台まで増設を予定している。

 同町消防署にも導入され、交替制勤務の中で個人を識別するICカードの差し替えにより、複数の人間が1台の端末で各個人の環境を持つことを可能にしている。他市町村にSun Rayの導入が進んだ場合、地域をまたがった消防署間での連携も可能となる。

 なお上伊那地区8自治体の情報システム運営を行う連合組織では、基幹系システムと情報系システムの統合、シンクライアントシステムの活用についても検討している。

[関連リンク]
サン・マイクロシステムズの発表資料
長野県辰野町

[関連記事]
サン、初のノート型シンクライアント発表(@IT News)
千代田コンサルタント、ターミナルサービスとシンクラインとでコスト削減(@IT NewsFlash)
浦添市役所OSSデスクトップ実証実験結果、「端末台数が多いほどコスト優位」(@IT NewsFlash)


- PR -

「ITmedia マーケティング」新着記事

チャットアプリ利用率、「LINE」と「Facebook Messenger」の差は?――マイボイスコム調べ
わが国におけるチャットアプリのデファクトスタンダードとは。

SMSでもワンツーワン配信、ユミルリンクが「Cuenote SMS」に機能追加
SMS配信サービス「Cuenote SMS(キューノート SMS)」にURLクリックカウント、差し込み配...

継続・解約の理由は? 電通ダイレクトマーケティングが健康食品とスキンケア化粧品の定期購入者の実態を調査
年間購入金額は「1万円〜2万円未満」が2割ほどで最も多く、高年齢ほど年間購入金額が大き...