ジュビロ磐田のECサイトを日本発のオープンソースで構築、パドラック

2007/4/24

 パドラックとロックオンは4月24日、ヤマハフットボールクラブが運営するショッピングサイト「ジュビロe-shop」をECオープンソース「EC-CUBE」で構築したと発表した。

 ヤマハフットボールクラブが運営する「ジュビロe-shop」は、サッカーJリーグのジュビロ磐田を応援するファンに向けて、関連グッズ約500種類を販売するショッピングサイトで、4月1日にリニューアルオープンしている。

 同サイトの商品は、その多くが半期に一度、大幅に入れ替わる。また、商品ごとに選手着用時の画像など、複数枚の画像を掲載することが要件だった。さらに商品検索については商品名のほか、選手名や背番号、カタログ番号などからも商品選択が可能となることが求められた。

 同サイトのリニューアルを担当したパドラックでは、商品登録のしやすさ、多画像掲載が可能なこと、検索機能を兼ね備えたシステムとして、ロックオンが2006年9月から提供しているECオープンソース「EC-CUBE」を採用したもの。

[関連リンク]
パドラック
ロックオン
ジュビロe-shop

[関連記事]
オープンソースの業務アプリは広がるか? 先進のニユートーキヨーに聞く(@IT News)
ヤマダ電機、ショッピングサイトにリアルタイムリコメンデーションを導入(@IT NewsFlash)
「まだeCRM市場は伸びる」、ベイテックシステムズ(@IT News)


- PR -

「ITmedia マーケティング」新着記事

Cookieによる効果測定に不足を感じる広告宣伝担当者が増加――サイカ調査
広告配信などにおけるCookie利用の制限が検討されています。一方で、企業の広告宣伝担当...

「TikTok Ads」2019年の振り返りと2020年の展望
もう「踊ってみた」動画だけではない。急成長する広告配信プラットフォーム「TikTok Ads...

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...