コメント投稿やランキング表示が可能な社内文書共有システム、オーシャンブリッジ

2007/12/4

 オーシャンブリッジとマイネット・ジャパンは12月4日、企業向けナレッジ共有システム「Net-It newsing ソーシャルドキュメントポータル」(ネットイット・ニューシング・ソーシャルドキュメントポータル)を共同で開発し、同日より販売開始すると発表した。

 同システムは、オーシャンブリッジの企業内文書共有システム「Net-It Central」と、マイネット・ジャパンの企業内ソーシャルニュースシステム「イントラnewsing」を連携させたもの。既存のファイルサーバ上の文書を、自動的にイントラネットのWebサイトに公開して社内で共有することができる。また、公開された文書の検索や評価コメントの投稿、人気ランキングの表示などが可能。これらの機能により、社内文書に関連した社員同士のディスカッションが促進され、個人に蓄積された暗黙知の共有も実現するという。

 両社は今後マーケティング・販売面で協業し、2008年3月末までに同システムを10社に導入することを目指すとしている。

[関連リンク]
オーシャンブリッジの発表資料
マイネット・ジャパン

[関連記事]
石油資源開発、新情報共有基盤を構築して社員同士のコラボレーションを促進(@IT NewsFlash)
顧客とのやりとりを変革するためのナレッジベース製品が国内発売(@IT News)
大林組が全社情報共有基盤導入で“コミュニティ”を構築(@IT NewsFlash)


- PR -

「ITmedia マーケティング」新着記事

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...