早くも組込み用Whistlerのβ版をMSが発表

2000/12/20

 12月18日、米マイクロソフトは、「Whistler Embedded」の初のベータ版と開発ツールを発表した。同社は先月末にWindows 2000の後継OSとして「Whistler」(開発コード名)のベータ版を発表しており、「Whistler Embedded」はその組込み版。

 「Whistler Embedded」は「Whistler」をコンポーネント化し、開発者の必要に応じて部品化された技術を用いて「Whistler」搭載デバイスへの開発が行える。同社でば、今回のベータ1では、組込み用開発者がWindowsベースのターミナルを含め、セットトップ・ボックスなどの開発シナリオが描けるようにしたという。また、「Whistler」の発表から48日以内に組込み用を発表することにより、最新のWindows技術をタイムリーに組込み開発分野へ導入できるとしている。

 現在、同社の組込み用製品としては、「Windows NT Embedded 4.0」と「Windows CE 3.0」があり、「Whistler Embedded」は「Windows NT Embedded 4.0」をベースとしている。同社Embedded and Appliance Platform Groupの副社長Bill Neghte氏は“「Whistler Embedded」は当社にとって大切な製品」とコメントしており、PCやサーバにとどまらず、さまざまなデバイスでシェアを広げていきたいという模様だ。

 開発ツールは、「Target Designer」「Component Designer」「Database Maneger」「Target Analyzer」の4種類。

 同社では、「Whistler」の正式リリースの90日以内に同Embeddedを発表するとしている。「Whistler」のデスクトップ版は2001年末に登場すると言われている。

[関連リンク]
米Microsoftの発表記事
マイクロソフト
Whistler日本版のダウンロード(MSDNメンバーのみ)

[関連記事]
ベールを脱いだWhistler (PC Insider)
ビル・ゲイツ氏、.NETによるパラダイム シフトを開発者に力説 (PC Insider)
新しくて古い「過渡的な」OS、Windows Meが登場 (PC Insider)
マイクロソフト、CE用組込みアプリケーション開発環境受注開始 (@ITNews)

 

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -