携帯Javaアプリ開発環境、富士通とNTTソフトが共同開発

2001/1/31

 NTTソフトウェアと富士通は、1月30日、携帯電話向けのJavaアプリケーション開発環境を共同で開発したことを発表した。

 Javaを搭載した携帯電話向けのアプリケーション配信サービスには現在のところ、NTTドコモが提供する「iアプリ」がある(2001年1月18日付け記事「NTTドコモがiモードJava携帯端末503iシリーズの出荷」参照)。ユーザーは、ネットワークを介してアプリケーションをダウンロードして各種サービスを利用する。金融関連の取引サイトやECサイトのほか、SFAなど企業システムでの活用も期待されている。

 今回両社が発表したシステムは、NTTソフトのモバイルJava向け分散オブジェクトミドルウェアである「BULEGRID」と、富士通のアプリケーション・サーバ「INTERSTAGE Application Server」で構成される。携帯電話上のアプリケーションやサーバー上のEJB(Enterprise JavaBeans)コンポーネントの開発は、富士通の統合開発環境「INTERSTAGE APWORKS」で行われる。

 このシステムでは、携帯電話上のJavaアプリケーションとアプリケーション・サーバ上のEJBの連携を実現する。具体的には、携帯電話向けのJavaのアプリケーションが直接アプリケーション・サーバ上のEJBコンポーネントを呼び出すことが可能となる。また、EJBコンポーネント利用により、携帯電話向けのJavaアプリケーション開発の効率化が図れるという。

 システムの提供開始は2001年4月を予定している。

[関連リンク]
NTTソフトウェアの発表資料
富士通の発表資料

[関連記事]
NTTドコモがiモードJava携帯端末503iシリーズの出荷 (@ITNews)
携帯Javaファーストインプレッション:携帯Java最新事情 (Java Solution)
EJBコンポーネントに関する規約を策定するコンソーシアムが発足 (@ITNews)
富士通がEJBなどのコンポーネント提供サイトを開設 (@ITNews)
富士通、.NET支援を表明――SOAP接続に成功 (@ITNews)
野村総研、携帯端末などフロントとレガシーを統合するEAI (@ITNews)

 

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -