オラクル、コラボレーションを意識した9iAS

2001/2/8

 米オラクルは2月6日、アプリケーションサーバ「Oracle9iAS」の最新版を発表した。

 今回のバージョンアップで追加・補強された点は、コラボレーション、ビジネス・インテリジェンス、ワイヤレス、BtoB統合、ディレクトリ統合などがある。

  • コラボレーション
    eビジネスアプリケーションにメッセージング機能を追加した。これにより、顧客、従業員、取引先とのコラボレーションが実現するという。
  • ビジネス・インテリジェンス
    「Oracle9iAS Discoverer」では、前もって設定したクエリ・レポートをWebブラウザから閲覧・検索できる。なお、同社によれば、次のバージョンでは「Clickstream Intelligence」技術を追加する予定。Webサイトのパフォーマンス、トラフィックの分析が実現するという。
  • ワイヤレス機能
    パーソナライゼーション、コンテンツ管理などの機能を追加。単一プラットフォームでワイヤレス向けインターネット・コンテンツやアプリケーション、サービスなどの開発・実装が行える。
  • BtoB統合
    ワークフローの自動化、ビジネスプロセスを効果的に管理できる「Application InteConnect」などの新機能を用意した。企業内または企業間でのWebアプリケーションの統合が可能となり、データへの容易なアクセスが実現するという。
  • ディレクトリの統合
    LDAPサービスにより、単一リポジトリで認証、権限を含めたユーザーの管理ができる。

 アプリケーションサーバ市場では、同社はBEAシステムズやIBMなどと競合関係にある。「IBMやBEAが複数の製品に分けて提供しているものをオラクルは1つに統合して提供する」と同社のOracle9iマーケティング副社長 Rene Bonvanie氏は述べている。

 新製品の出荷開始は2月末の予定。

[関連リンク]
米オラクルの発表記事
Oracle9iASの製品紹介

[関連記事]
予測通りの内容となったOracle9i (TechWeb/@ITNews)
米ボーランド、アプリケーションサーバの新バージョン (@ITNews)
BEA、J2EE 1.3実装のWebLogic最新版を発表 (@ITNews)
モバイル・コマースに対応「WebSphere Commerce Suite」 (@ITNews)
オラクル自身の変身、「“e”はefficiency(効率化)」 (@ITNews)
Oracle9i:一体何が新しくなるのか (@ITNews)
過去の成功をかなぐり捨て、拡大を目指す日本オラクル (@ITNews)

 

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -