MS、安全性と性能向上機能を備えたISAサーバを発表

2001/2/16

 米マイクロソフトは2月14日、Microsoft Internet Security and Acceleration(ISA) Server 2000を発表した。ファイアウォールとWebキャッシュの機能を合わせ持つソフトウェアで、同社の.NETエンタープライズ・サーバー群の中ではセキュリティとパフォーマンスを担う製品に位置付けられている。

 新製品は、外部からのアタックや、認証されていないユーザーのアクセスから企業のネットワークを保護する。また、双方向のトラフィック監視、疑いのある行動を察知し管理者に警告する機能などもある。同社では、独立系のセキュリティ関連の研究所であるICSA Labsより認定を受けたことと、Foundstoneの通過テスト(Penetration Testing)で評価を受けたと発表している。

 これらセキュリティ関連機能のほか、高速Webキャッシュ機能も備え、Webサーバのパフォーマンスを向上させるという。Windowsインターフェースにより管理者が楽に操作できる点、負荷分散やクラスタリングなどの機能を備えている点で、他ファイアウォールベンダーの提供する製品と差別化を図っていくものと思われる。

 製品はStandard EditionとEnterprise Editionの2種類で、出荷は今月中の予定。評価版は同社のWebサイトhttp://www.microsoft.com/isaserver/)からダウンロードできる。

[関連リンク]
米マイクロソフトの発表記事

[関連記事]
マイクロソフトがISA Server 2000の日本語β3を発表 (@ITNews)
マイクロソフト、.NET Enterprise Serversのスケジュールを発表 (@ITNews)
SunがWebサービス戦略発表--ライバルMSへの回答 (TechWeb/@ITNews)
マイクロソフト、BizTalk Server発売へカウントダウン (@ITNews)

 

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -