次世代コンテンツ配信を検証するアライアンス

2001/3/30

 インターネットイニシアティブ(IIJ)、日本オラクル、シスコシステムズの3社は3月29日、コンテンツ配信関連を共同で実験・開発するアライアンス「CDN JAPAN」を組んだと発表した。

 「CDN JAPAN」では、コンテンツ配信のプラットフォーム構築、関連する事業のビジネスモデル検証を共同で行う。これにより、コンテンツプロバイダーやASPなど事業者の効率良いブロードバンド対応をサポートしていく。これにあたり、IIJはネットワーク、オラクルはデータ・ベース、シスコはネットワーク機器と、3社はそれぞれ製品と技術を持ちよる。

 「CDN JAPAN」で利用する検証用ネットワークは、IIJグループ運営のブロードバンドネットワークと配信管理システムを連携させたものを予定しており、実際のビジネス環境に近い実験インフラを提供できるという。この検証用ネットワークを利用して認証・課金・決済などの機能をもつコンテンツの配信実験が行える。また、技術面での支援活動、リファレンス・モデルの構築、リファレンス・モデルに基づいたネットワーク環境の構築なども行っていく。

 2001年4月にも第1回目のコンテンツ配信実験を開始する予定。同アライアンスでは今後業界に呼びかけ参加企業を増やしていくという。

[関連リンク]
IIJの発表資料
日本オラクル
シスコシステムズ

[関連記事]
「今後5年間の1ユーザー当り帯域幅は減少する」ガートナー(@ITNews)
広帯域対応のアーキテクチャを研究開発するインテル (@ITNews)
ユニシスら3社、ブロードバンド化へ向け提携 (@ITNews)
光ファイバー提供第1号、月額4900円 (@ITNews)
「ブロードバンドの機は熟した」、SGI (@ITNews)
[Interview]日常生活まで変えるブロードバンドの普及(@ITNews)
IRI、NEC、松下、ブロードバンド事業の新会社を設立 (@ITNews)
2001年の展望(4):帯域幅はネットワーク機器ベンダーの救いとなるか? (TechWeb/@ITNews)    

 

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -