Webサーバへのデジタル認証が容易になる提携

2001/4/6

 ホライズン・デジタル・エンタープライズと日本ベリサインは、Webサーバのデジタル認証を簡単に導入できるよう、セキュリティ・ソリューション分野で提携したことを発表した。

 今回の提携により、ホライズンは同社のLinuxサーバ運用管理ソフト「HDE Linux Controller」に、日本ベリサインのWebサーバ用のデジタル証明書「ベリサイン・グローバル・サーバID」を組み込んで販売する。

 日本ベリサインのWebサーバ用のデジタル証明書は、Eコーマスサーバなどで広く利用されている。しかし、デジタル証明書を取得するには、さまざまなデータを日本ベリサインに提出する必要があり、手続きが煩雑である。また、CSR(Certificate Signing Request:証明書署名要求)の生成には、ユーザーにある程度のスキルが必要となる。

 Webサーバにベリサイン・グローバル・サーバIDを組み込んだHDE Linux Controllerを導入すれば、日本ベリサインへの手続きからCSRの生成までを自動化し、認証付きのECサイトを短期間で容易に構築できるようになる。

[関連リンク]
日本ベリサインの発表資料
ホライズン・デジタル・エンタープライズの発表資料

[関連記事]
日本ベリサイン、指紋認証ツールベンダーと提携 (@ITNews)
セキュリティ専任者がいる企業は約半数 (@ITNews)

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -