米オラクル、「Oracle9i Database」をリリース

2001/6/16

 米オラクルは米国時間6月14日、「Oracle9i Database」の出荷を開始すると発表した。

 同製品の特徴は、スケーラビリティと可用性。注目はクラスタリング技術「Oracle9i Real Application Cluster」で、機能面でもビジネス・インテリジェンス機能をはじめ、400以上の新機能を追加したという。

 「Oracle9i Real Application Cluster」は特許出願中のクラスタリング技術。複数のコンピュータをクラスタ構成にした状態で、あたかも1つのデータベースのように動作するという。同社の製品「Oracle E-Business Suite」をはじめ、SAPやSiebelなど、すべてのアプリケーションがクラスタ上で動作し、拡張の際もマシンを追加するだけでよい。

 単一サーバ上で動くデータベースとしては、TPC-Cベンチマークで最速の結果を記録したという。Tru64 UNIX搭載のコンパックAlphaServer GS320と新製品を組み合わせてテストした結果、1分あたりのトランザクションは23万533件で、かかるコストは56.62ドルだったという。

 なお日本オラクルによると、Oracle9i日本語版の出荷は現在2001年秋を予定している。

[関連リンク]
米オラクルの発表資料

[関連記事]
米オラクル、Oracle9i にBI機能追加 (@ITNews)
オラクル自身の変身、「"e"はefficiency(効率化)」 (@ITNews)
過去の成功をかなぐり捨て、更なる拡大を目指す日本オラクル (@ITNews)
予測通りの内容となったOracle9i (@ITNews)
再燃するデータベース市場(NewsInsight)

 

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -