PalmやCEからノーツ/ドミノが利用可能に

2001/7/11

 ロータスは、PDAから「ロータス ドミノ」を導入したサーバにアクセスし、アプリケーションが利用できる「ロータス ドミノ モバイルサーバーR2.0」を発表した。発売は9月3日からで、価格は1万1600円(1ユーザーライセンス)。今後1年間で250社への販売を見込んでいる。

 ドミノ モバイルサーバーR2.0は、Windows CEやPalm OSを搭載したPDAでノーツクライアントを実現するソフトで、メールやスケジュール管理などのグループウェア基本機能の利用はもとより、ドミノ用に開発した業務アプリケーションなども利用できる。

「モバイルサーバーR2.0は、ロータスの提唱する『ワイヤレスで、ナレッジをこの手に』を実現する製品」と語る同社代表取締役社長の安田誠

 1月に米国で発表の「Domino Everyplace Enterprise Server」の日本市場向け製品という位置付けで、Windows CE(Pocket PC)への対応はドミノ モバイルサーバーR2.0のみの特徴となっている。

 ドミノ モバイルサーバーR2.0は、サーバ側に組み込む「ドミノ モバイルサーバー」と、PDAに組み込むクライアントソフトウェア「モバイルノーツ」、開発環境「モバイルノーツ デザイナー」の3つのコンポーネントから構成される。

 R1.0同様、NTTドコモのモバイル通信技術を利用した「送受信データの圧縮やパケット化」、「リカバリ/再接続機能による安定運用」、「必要な情報のみの複製」といった機能により、通信費の削減に寄与した。また、レプリケーション機能でデータやアプリケーションをPDA内に複製し、オフラインでもアプリケーションの利用が可能だ。

 セキュリティについては、基本的にノーツの認証機能を利用し、高いセキュリティを確保した。また、送受信データの暗号化、ローカルデータの暗号化、未登録デバイスからの利用拒否といった機能も備える。さらに強固なセキュリティとして、ワンタイムパスワードの採用なども視野に入れ、検討中という。

 同製品は、Windows NT 4.0 Server、Windows 2000にロータス ドミノR5.0.6a以降が導入されている環境で動作する。

 モバイルノーツの対応OSはPalm OS 3.5、Windows CE 3.0(Pocket PC)で、現時点では、日本IBMのWorkPad c3、WorkPad IIIc、NTTドコモのGFORT、カシオのE700/707、コンパックのiPAQ Pocket PC、パームコンピューティングのPalm Vxをサポート。サポート機種は順次拡大の予定。このほかザウルスや、Windows CE(Handheld PC)のサポートについては検討中とのこと。

[関連リンク]
ロータスの発表資料
ドミノ モバイルサーバーR2.0のページ

[関連記事]
KM中核製品を発表し"ナレッジインフラ"を提唱するロータス (@ITnews)
ロータスの同期型コラボレーションツール、ついに登場 (@ITnews)
企業間のコラボレーションを視野に入れるロータス (@ITnews)
ロータスの新しい提案「QuickPlace」 (@ITnews)
ユーリードシステムズ、携帯向けにHTMLを変換する製品 (@ITnews)
コンパックがモバイル戦略を強化 (@ITnews)
[Interview]「目標は“紙の手帳”」ワイヤレスで可能性が広がる (@ITnews)

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -