日本オラクルとサイボウズ、企業情報ポータル分野で提携

2001/9/26

 日本オラクルとサイボウズは9月25日、企業情報ポータル(EIP)技術の分野で提携することを発表した。

 具体的な提携内容は、日本オラクルのアプリケーション・サーバ「Oracle9i Application Server」の企業情報ポータルソリューションである「Oracle9iAS Portal」と、サイボウズのWebグループウェアソフト「サイボウズOffice 4シリーズ」を組み合わせて顧客に提供する。それにより、これまでよりも短期間かつ低コストで、企業情報ポータルを構築できるようになる。

 なお、これら2つの製品を組み合わせた企業情報ポータルの部品や対応モジュールなどは、デュオシステムズの協力により、日本オラクルの技術者向けサイト「Oracle Technology Network」の「ポートレットライブラリ」を通じて無償で提供していく予定だという。

[関連リンク]
日本オラクル
サイボウズの発表資料
デュオシステムズ

[関連記事]
[iDevelop 2001開催] 「.NETを待つ必要はない。デベロップ.NOW」とオラクル (@ITNews)
Oracle9iは「5倍の性能、10倍の信頼性」(@ITNews)
日本オラクルがWebアプリケーションサーバの新版を発表 (@ITNews)
BEA、IBM、オラクルが火花を散らす性能合戦 (@ITNews)
ヒートアップするアプリケーション・サーバ覇権争い (NewsInsight)
転換期の日本オラクルの悩みは? (NewsInsight)
Oracle9i:一体何が新しくなるのか (@ITNews)
米オラクル、「Oracle9i Database」をリリース (@ITNews)
オラクル、コラボレーションを意識した9iAS(@ITNews)
サイボウズが、設計・利用の簡単なDB製品を発表 (@ITNews)

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -