XMLで一貫した帳票ソリューションを実現する提携発表

2001/9/27

 翼システムとアプレッソは、XMLによる帳票出力分野で提携したことを発表した。

 今回の提携では、アプレッソのデータ/アプリケーション連携ミドルウェア「DataSpider」と、翼システムの帳票出力連携ソフト「Universal Connect/X」とを組み合わせてシステムを構築することで、アプリケーションから帳票出力までの開発工数を大幅に削減することができるという。

 これは、データベースなどから必要なデータを「DataSpider」を使って読み出し、XML形式に変換する。このXML形式に変換したデータを「Universal Connect/X」に引き渡し、そのデータを指定のフォームと組み合わせて、任意の出力先へ帳票出力させることで、一貫した帳票ソリューションを実現した。なお、このソリューションを利用するためには、2製品以外にアプレッソが提供するアダプタソフト(オプション)「DataSpider Universal Connect/X Adapter」(価格は50万円から)が必要となる。

[関連リンク]
アプレッソ
翼システム

[関連記事]
XMLベースでビジネスプロセスを統合する製品、アプレッソから (@ITNews)
初のXML技術者認定制度が誕生 (@ITNews)
XMLの父が分裂したBtoBの統一を語る (@ITNews)
「XMLで何ができるのか?」に答えるとエクセロン (@ITNews)
XMLアプリケーション・サーバと開発環境、エクセロン (@ITNews)

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -