RSAが携帯機器向けの暗号化ツール

2001/9/29

 RSAセキュリティは9月26日、PDAなどの携帯機器に暗号化や電子署名機能の実装を容易に行えるツールキット製品「RSA BSAFE Wireless Core」を10月3日より出荷開始すると発表した。

 携帯機器では、プロセッサパワーやメモリなどのリソースが限られているため、重い処理である暗号機能の実装は比較的難しかった。同ツールキットを使用することにより、これらの機器に対して用意に暗号機能を実装できる。また、使用する暗号化方式のRSAアルゴリズムの処理スピードを向上させたほか、Multiprime RSAと呼ばれる小型機器向けのアルゴリズムを使用することで、復号化と電子署名処理を2倍近い速度で実行できるという。

 おもなスペックは下記のとおり。

対応プラットフォーム
  EPOC、PalmOS、Windows CE
ライセンス料
  500万円〜
対応暗号アルゴリズム
暗号化(公開鍵)
RSA、Multiprime RSA
暗号化(共通鍵)
RC2、RC4、RC5、RC6、DES、3DES、AES
電子署名
RSA、Multiprime RSA、DSA
鍵交換
Diffie-Hellman
メッセージダイジェスト用
ハッシュ関数
MD2、MD5、SHA-1、SHA-256、SHA-384、SHA-512
そのほか
疑似乱数生成器、HMAC生成

[関連リンク]
RSAセキュリティ

[関連記事]
RSAとオープンループ、共同で暗号ソリューション提供へ (@ITNews)
RSAとJetFormが帳票の電子署名で提携 (@ITNews)
スマートカード対応のワンタイム認証ソフト、RSAから (@ITNews)
PS2で、セキュリティ対応アプリケーション開発が容易に (@ITNews)
意識の格差が指摘されるセキュリティ対策 (@ITNews)

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -