エンタープライズを意識したミラクル・リナックスの新OS

2001/10/11

「MIRACLE LINUX Standard Edition Version2.0」
ミラクル・リナックスは10月10日、新OS「MIRACLE LINUX Standard Edition Version2.0」を発表した。大規模業務システム用に機能を補強した、次世代エンタープライズLinuxサーバ向けのOSという。10月24日より出荷を開始する。価格は6万円(1サーバ)。

 Linuxの次の課題は、大規模企業システムでの利用とされてきたが、ミラクル・リナックスの新OS、MIRACLE LINUX Standard Edition Version2.0も、拡張性や運用性を強化するなど、その課題に取り組んだものとなった。

 今回、同社は米レッドハットと技術提携し、レッドハットのOS「Red Hat Linux 7.1」を採用している。これにより、Red Hat Linux 7.1ベースのソフトウェアをサポートするほか、ジャーナリングファイルシステムなどの最新機能も搭載した。そのほかにも、Webminを搭載しブラウザでのアクセス制御など各種設定や管理が可能となった点や、Oracle8i、Oracle9iに完全対応した点などが特徴に挙げられる。

 また、「postfix」「qmail」「fml」「majordomo」などのアプリケーションへの対応を行ったほか、「Samba 2.2」も同梱した。

 同社は今後、同OSをベースに、ハードウェアおよびソフトウェアベンダと協業して、64ビットLinuxサーバ対応への展開を図っていく。

[関連リンク]
ミラクル・リナックスの発表資料

[関連記事]
ターボリナックス、エンタープライズ向けサーバOS発表 (@ITNews)
Linuxがエンタープライズで活用される日(NewsInsight)
合言葉は「エンタープライズ」、LinuxWorld Expo/Tokyo 2001開催 (@ITNews)
Linuxのエンタープライズ進出を盛り上げるイベントが開催 (@ITNews)
LinuxとIBMが盛り上げる企業システム (@ITNews)
2.4がついに発表、Linuxの新カーネル (@ITNews)

 

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -