SonicWALL、VPNなど機能を付加できるファイアウォール

2002/4/11

日本オフィス代表に就任した後藤聖治氏 「VPNでもトップを狙う」
 中小規模市場向けにファイアウォールなどの製品を提供している米SonicWALLは4月10日、年内に日本法人設立に向け日本オフィスを強化し、本格的に日本市場に参入する意向を明らかにした。また同時に、性能を最大で10倍(同社製品比)に向上させた新製品の発表も行った。

 SonicWALLはファイアウォールなどのセキュリティアプライアンス製品を提供しているベンダで、創業は1991年。世界で約30万台のインストール実績を持ち、昨年の台数ベースでのファイアウォール市場ではシェアトップ(15%)となった。日本市場では4年前より製品の投入を開始しており、すでに約2万台のインストール実績を持つ。

 今回、日本オフィス強化にあたり、カントリーダイレクタに就任した後藤聖治氏は、セキュリティの重要性などの啓蒙、ユーザーや代理店のサポート、通信事業者やxSPも視野に入れた市場の拡大の3つを強化目標として挙げた。現在、丸紅ソリューションなど3つの販売代理店を持つが、今後も代理店との関係を密にし、くみ取ったエンドユーザーの声を本社にフィードバックしていきたい、とも語る。

 主力製品はファイアウォールだが、同社では単なるファイアウォールとしてではなく、セキュリティのプラットフォームとして提供する。具体的には、ファイアウォールの上に、VPNやコンテンツ・フィルタリングといった機能を統合して提供を行うという。特にVPNについては、安全性やコスト面などのメリットから、市場の拡大を見込んでおり、フォーカスを当てていくという。将来的にはアンチウィルス機能も統合可能にする予定だ。また、すでに米国では提供中の、IDS(侵入検知システム)などのサービス分野も提供予定という。

 セキュリティアプライアンスは各社が進出する分野だが、後藤氏は同社製品の特徴を「使いやすさ」とする。「弊社の製品が、IT管理者のいない中小規模市場で受け入れられた最大の理由は、使いやすさにある」と後藤氏は述べ、提供製品はすべて、UIをはじめ、日本独自の通信環境に合わせた実装ができるよう日本語化を行っていると続けた。

新たに発表した製品 上段左がTELE3、右がPRO100、中段がPRO200、下段がGX250

 同社はこの日、「SonicWALL TELE3」など5製品を発表した(写真)。全製品に独自プロセッサ「CyberSentry」を搭載、ファイアウォールのスループットを、これまでの同社の製品と比べ5〜10倍向上させた。また、メモリ容量や同時接続数も増強した(各製品の詳しい機能は下表を参照)。これにより、対コスト効果がさらに上昇するという。各製品は、4月下旬より代理店を通じて販売を開始する。

 同社は今年度、日本市場で40%の伸び率確保を目標とし、売上高20億円達成を目指す。

製品名
TELE 3
SOHO3
PRO100
PRO200
PRO300
ユーザー名 5 10/50 無制限 無制限 無制限
同時接続数 6000 6000 6000 3万 12万8000
ファイアウォール・スループット 75Mbps 75Mbps 75Mbps 190Mbps 190Mbps
VPN暗号化機能 標準搭載 オプション オプション 標準搭載 標準搭載
VPNトンネル数 5 10 50 500 1000
製品価格 14万800円 15万7500円/32万3000円 47万8000円 74万5000円 122万8000円

[関連リンク]
SonicWall

[関連記事]
ウイルス対策とコンテンツフィルタリングを一製品で実現、シマンテック (@ITNews)
サーバ設定をロックして安全性を管理するソフトウェア (@ITNews)
VPN構築を容易にするソフトウェア (@ITNews)
ハードウェアに手を出すウイルス駆除ベンダの野望 (NewsInsight)
ネットワークアソシエイツ、低価格のセキュリティ・アプライアンス (@ITNews)
セキュリティは“追加”するものではなく、当然あるもの (@ITNews)
今年のITはセキュリティ、Linux、オンライン個人認証 (@ITNews)

 

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -