インクトゥミ、企業アプリケーション用のXML対応検索技術

2002/5/16

 米インクトゥミは米国時間5月14日、新検索エンジン「Inktomi Search Toolkit」を発表した。新製品はXMLベースのキーワード検索やパラメトリック検索技術を採用し、CRMなど企業アプリケーションと統合することによりアプリケーションの利便性が向上するという。

 Inktomi Search ToolkitはCRMや企業ポータル、コンテンツ管理といった企業アプリケーション内での利用を想定した検索エンジン。XMLをネイティブでサポートし、構造型、非構造型、半構造型のコンテンツの検索が可能となる。

 パラメトリック検索とキーワード検索の統合によりデータ検索の精度を向上させた。また、複数のファイルのフォーマットが混在する環境での一貫したコンテンツ表示も可能。

 そのほかの特徴としては、サーバベースのアーキテクチャ、オープンなAPI、標準ベースのクエリ言語などがある。同社によると、アプリケーションとの統合が容易で、コストを抑制しつつ迅速に製品を投入できるという。

 Inktomi Search Toolkitは、ソフトウェア開発者やSI事業者に向けOEMとして販売される。

[関連リンク]
インクトゥミ

[関連記事]
検索エンジンの新製品を発表、インクトゥミ (@ITNews)
エキサイトもGoogleを採用、次の段階に入る検索サイト (@ITNews)
セマンティックWebの姿がかいま見えた「W3C Day」 (@ITNews)
IT業界を明るくするGoogleの躍進(NewsInsight)

 

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -