ストレージ・ネットワーク管理ソフト最新版登場、マクデータ

2003/2/14

シニアプロダクトマネージャのマット・バウター(Matt Vawter)氏

 日々増殖するストレージ・ネットワークをいかに効率よく管理し、投資の回収を行うか? 今、ストレージ関連ベンダのマーケティング戦略はそこに注がれている。もちろん、製品の性能向上は欠かせない売り文句だが、そこにも効率的で簡単な管理を実現し、ROIの最大化を行うという名目がつきものだ。マルチベンダ(異種混在環境)対応も忘れてはいけない。

 マクデータは2月13日、ストレージ・ネットワーク管理ソフトウェアの最新版「SANavigator3.5」を発表した。「SANavigator3.5」は、マルチベンダのファブリック環境におけるゾーニング(アクセスパスの管理)やマルチベンダ環境でのLUN(Logical unit number:論理デバイス)管理とロールベースのユーザーアクセスが可能。つまり、データセキュリティの強化と保存データの一元化を実現するストレージ管理ソフトウェアである。3.5では、セキュリティ、資産管理、ビジネスレベルのビュー、ネットワークの診断機能などを強化した。シニアプロダクトマネージャのマット・バウター(Matt Vawter)氏は「IT管理者は資産、コスト、データへのアクセスを制御するとともに、複雑な異種混在環境のミッション・クリティカルなストレージ・ネットワークを管理できるようになるだろう」と話す。

 前バージョン(3.5もだが)は、日立データシステムズやIBM、EMC、ヒューレット・パッカードといった大手ベンダにOEM供給されているが、「日本国内ベンダへのOEM網拡大を計画している」(バウター氏)というように、同社では、日本市場でのさらなるイニシアティブ獲得を狙っている。また、国内販売代理店網も、兼松エレクトロニクス、ネットマークスに加え、「さらに増やしていく」(バウター氏)考えだ。
 
 バウター氏によると同社のスイッチ製品群は「フォーチュン100社中70社以上に導入済み」という驚異的な普及率を誇り、さらにはIDCジャパンの調査結果も引き合いに出し、「日本国内のエンタープライズ市場におけるiDCダイレクタで90%以上の市場シェアを獲得」(バウター氏)しているほどの独占的な存在だという。

(編集局 谷古宇浩司)

[関連リンク]
McDATA Corporation

[関連記事]
米マクデータ、SANの140ポートに対応したダイレクタを発売 (@ITNews)
複雑化・大規模化するSANは第2の波へ (@ITNews)
SANはIPネットワークへ移行するのか? (@ITNews)
EMCがオープン・ストレージ戦略を支える拠点を東京に (@ITNews)
SANはもはやストレージのメインストリーム (@ITNews)

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -