サイベース、「日本のトップ」は営業畑が決め手

2003/3/12

サイベース 代表取締役社長 澤辺正紀氏

 サイベースは、新代表取締役社長として澤辺正紀氏が3月1日付けで就任したと発表した。今回の就任で同社は新体制で出発する。RDBMSを核としたエンタープライズ・ソリューションビジネスの強化、直販を中心とした営業部門の再編、パートナー戦略の確立および新パートナー・プログラムの策定、アライアンスビジネス戦略の策定など、製品・営業両面からメスを入れていく。なお、これまで代表取締役社長を務めたデーヴィッド・ワレン(David Warren)氏は、取締役副社長に就任、澤辺氏の補佐役にまわる。

 上述したサイベース日本法人の新体制構築戦略は、澤辺氏の経歴と深い関係があるようだ。同氏は日本アイ・ビー・エムの営業職を経て、ナムコ社長室を経由し、OEC Japan、SAPジャパン、BMCソフトウェア(社長兼CEO)とほぼ一貫してIT業界の営業畑を歩いてきた人物。サイベース米国本社の戦略は、RDBMSを中核とした同社の製品ラインアップをエンタープライズ・ソリューションというレベルに再編し、それによって営業戦略も大きく変えることだが、日本国内での豊富な営業経験を持つ人材でないと、この戦略を成功に結びつけるのは非常に難しい。その点、顧客、パートナーに潤沢なコネクションを持っている(可能性の高い)澤辺氏は、適任かもしれない。

(編集局 谷古宇浩司)

[関連リンク]
サイベース ニュースリリース

[関連記事]
サイベースが提唱する「Information liquidity」とは (@ITNews)
アイエニウェア、サイベースと分社後の新戦略は? (@ITNews)
ビジネスプロセス管理は「トップダウン型」で成功 (@ITNews)
攻勢をかけるサイベース、「勢いは我々にある」 (@ITNews)

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -