2003年の国内アウトソーシング市場は2.1%の成長率、
IDC Japan

2003/6/3

 IDC Japanは6月2日、2003年の国内におけるITアウトソーシング市場規模の予測値を発表した。IDC Japanでは、市場規模は2兆8489億円で対前年比2.1%の微成長に止まり、2002年の対前年比3.6%と比較して低下すると予測している。とはいえ、IDC Japanは国内のITサービス市場全体の成長率を0.1%とする予測も同時に発表しており、ITサービス市場全体に比べると高い成長率が見込めるとした。同社リサーチバイスプレジデントの佐伯純一氏は「ほかのITサービスセグメントが落ち込む中、2.1%という成長率は、アウトソーシングが企業の重要な切り札として重視されていることのあらわれ」とし、今後も成長を維持していくとコメントした。

 同社では、ITアウトソーシングは国内ITサービス市場全体の約50%を占め、今後はその比率を増やしていくと予測している。同社のカテゴリによれば、アウトソーシング市場は、「ISアウトソーシング」「プロセス処理」「ネットワークインフラ管理」「アプリケーションアウトソーシング」の4セグメントで構成されている。このうち、同社では、ネットワークインフラ管理とアプリケーションアウトソーシングの2セグメントの成長が大きく、2003年でそれぞれ10.3%、5.5%の成長を見込んでいる。さらに、ネットワークインフラ管理はネットワークのIP化などがプラス材料となり、2007年までの年間平均成長率(CAGR)は、12.3%に達すると予測している。

[関連リンク]
IDC Japan
IDC Japanの発表資料

[関連記事]
HP新社長が狙う情報システムの“アジリティ” (@ITNews)
「N1だけがリアルな構想だ」、サンが検証センターを開設 (@ITNews)
必ずしも順風満帆ではないMSのサーバ・ロードマップ (@ITNews)
HPも自律コンピューティングで大規模iDC市場を攻める (@ITNews)
CPU使用率で従量課金、HPの新サービス (@ITNews)

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -