PHPをキャッシュしWebアプリを高速に、ゼンド

2003/12/13

 ゼンド・オープンソースシステムズはPHPを使ったWebアプリケーションを高速にするソフト「Zend Performance Suite 3.6 日本語版」の販売を開始したと発表した。最新のWebサーバに対応させる一方で価格は据え置いた。

 Zend Performance Suiteは、コンパイルしたPHPスクリプトをキャッシュすることで、実行時の読み込みとコンパイルを省略し、PHSスクリプトの動作を高速化する。データベースから生成した映像などのデータもキャッシュ。WebサーバからクライアントのWebブラウザにコンテンツを送信する際も、コンテンツデータを圧縮し、高速に通信できるようにする。

 新バージョンの3.6では、既存機能を強化した。WebサーバはこれまでApache 1.3に対応していたが、新たにApache 2.0にも対応。2004年前半にはマイクロソフトのInternet Information Services(IIS)にも対応させる計画。データを圧縮する際の設定やバーチャルドメインへの対応も強化した。高速化機能自体は2003年5月に発売した前バージョンの3.1と変わらないが、「使い勝手が大きく向上した」(ゼンド)という。年間100本の出荷を見込んでいる。

 価格はLinux、FreeBSD対応のIntel版が1CPUで31万円、2CPUで50万円、4CPU以上で80万円となっている。Solaris対応のSPARC版が1CPUの場合に50万円、2CPUが90万円、4CPU以上が150万円。対応するPHPバージョンはPHP 4.1.2から4.3.x。ゼンドではほかにPHPベースのアプリケーションを開発しているxSP向けに、特別パッケージを用意した。価格はオープンプライスで、導入ライセンス数や利用期間に合わせて設定可能。Zend Performance Suiteの全機能を利用できるパッケージと、機能をPHPスクリプトのキャッシュだけに限定した特別パッケージも用意した。

(編集局 垣内郁栄)

[関連リンク]
ゼンド・オープンソースシステムズの発表資料

[関連記事]
Webアプリに潜むセッション管理の欠陥を検査、ソフテック (@ITNews)
SIerが危機感、Webアプリの限界がくる (@ITNews)
RPG/COBOLでJavaなWebアプリを作ろう、CA (@ITNews)
ITベンチャー育成特区でオープンソースプロジェクト始動 (@ITNews)
RPG言語をCurl+PHPへコンバートするソリューション (@ITNews)
[eWEEK] Webアプリの脆弱性ワースト10とその対策 (@ITNews)

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -