Eclipseベースの組込みデバイス向けIDE、モンタビスタ

2004/4/24

 モンタビスタ ソフトウェア ジャパン(以下、モンタビスタ)は4月22日、Eclipseベースの組み込みシステム向け統合開発環境「MontaVista DevRocket」を発表した。「コード生成補完機能」「ステップ実行によるデバッグ機能」「検索機能」「CVS連携」など組み込みデバイス開発と運用に必要な機能をほぼ網羅する。グラフィカル・インターフェイスで使用できると同時に、コマンドライン・インターフェイスもオプションで使用できる。

 組み込みLinux分野で地歩を築いたモンタビスタにとって、グラフィカルな統合開発環境はのどから手が出るほど欲しい“武器”だった。モンタビスタの代表取締役社長 有馬仁志氏は、同社の開発ツール戦略について「すべての開発サイクルで使える共通の統合開発環境が必要であり、プラグインによってサード・パーティ製ツールを統合し、付加価値を増大できるアーキテクチャが望ましい」と話す。このような同社のツール戦略に最適な“プラットフォーム”となったのがEclipseであった。同社では、「組み込みデバイスの開発と運用に必要なすべてを提供する」と自信をみせる。

[関連リンク]
モンタビスタ ソフトウェア ジャパン

[関連記事]
ジャストと英Tao、リネオがLinuxベースの組込み型Java環境 (@ITNews)
英Taoがジャストシステム、アスキーと組込み型Javaで提携 (@ITNews)
「オープンソースは大好き」、CAにLinux戦略を聞く (@ITNews)
Linuxユーザーの怒りの理由とは? (@ITNews)

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -