「業界最高のポート密度」、フォーステンの新モジュール

2004/9/15

 フォーステン ネットワークスは最大で672の1ギガビット・イーサネットポートと56の10ギガビット・イーサネットポートを搭載可能にする同社スイッチルータ用の新モジュールを9月14日、発表した。フォーステンでは「業界最高のポート密度をワイヤレートで提供できる」として“業界初”をアピールしている。

 新モジュールはフォーステンのスイッチルータである「E300」「E600」「E1200」用の製品。新モジュールは新開発のアーキテクチャ「TeraScale」を採用した。1秒間に10億パケットの処理が可能で、ハードベースによるIPv6のワイヤレートでのフォワーディングにも対応している。TeraScaleは将来の100ギガビット・イーサネットの到来を見越して開発したアーキテクチャで「100ギガビット・イーサネットまで拡張可能」という。

 フォーステンが発表した新モジュールは以下の8製品。

「E300」向けモジュール

  • 2ポートの10GbEモジュール(XFP対応)「LC-EF3-10GELW-2P」
  • 24ポートの1GbEモジュール(SFP対応)「LC-EF3-1GE-24P」
  • 48ポートの10/100/1000 Base-Tモジュール「LC-EF3-GE-48T」
  • ルーティング・プロセッサ・モジュール 「LC-EF3-RPM」

「E600/E1200」向けモジュール

  • 4ポートの10GbEモジュール(XFP 対応)「LC-EF-10GELW-4P」
  • 48ポートの1GbEモジュール(SFP対応)「LC-EF-1GE-48P」
  • 48ポートの10/100/1000 Base-Tモジュール「LC-EF-GE-48T」
  • ルーティング・プロセッサ・モジュール 「LC-EF-RPM」
フォーステン ネットワークス CEO兼社長のマーク・ランドル氏

 フォーステン CEO兼社長のマーク・ランドル(Marc Randall)氏は、スイッチルータのポート密度について「ポート密度を高めることでスイッチルータを統合でき、設備投資や運用コストの削減ができる」と説明した。フォーステンの試算によると、5台のスイッチルータで270ポートを運用するネットワーク設計と、フォーステンの新モジュールを搭載した1台のスイッチルータで270ポートを運用する場合と比較すると、フォーステンのスイッチルータのほうが投資コストで75%低く、消費電力を81%低減、ラックスペースを80%減らせるという。

 新モジュールの価格は、E300向けの2ポートの10GEモジュールの場合で440万円から。今秋から順次出荷する。ランドル氏は「ビデオオンデマンドやCRMのアウトソーシングの広がりでインターネットのトラフィックは増加しつつある」として通信キャリアや研究機関に加えて、エンタープライズ、コンシューマ向けにさまざまなアプリケーションを提供するサービスプロバイダ向けの販売にも力を入れる方針を説明した。

(編集局 垣内郁栄)

[関連リンク]
フォーステン ネットワークスの発表資料

[関連記事]
クラスタ構成で最大92Tbps、シスコ次世代ルータの驚き (@ITNews)
10GbE光トランシーバ採用、ファウンドリーが新スイッチ (@ITNews)
「SLAがメトロ系サービスの公式になる」、シスコ (@ITNews)
価格は3分の1、フォーステンが10ギガビット・イーサ新製品 (@ITNews)
「ギガビットを身近に」、HPが新スイッチを発表 (@ITNews)

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -