Delphi 2005が登場、「誕生10年目の最高峰だ」

2004/11/5

 ボーランドはWin32と.NET Framework、Delphi言語、C#言語が利用できるWindowsプラットフォーム向けの統合開発環境「Borland Delphi 2005」の日本語版を12月6日に出荷開始すると11月4日に発表した。Win32を対象としていたDelphi 7以前のバージョンと.NET Framework対応のDelphi 8、C#Builderの製品ラインアップの機能を統合した。

米ボーランドのデベロッパー・リレーション担当副社長 デイビッド・インターシモン氏

 米ボーランドのデベロッパー・リレーション担当副社長 デイビッド・インターシモン(David Intersimone)氏は「Delphi 2005はDelphi誕生の10年目にリリースする製品。ボーランドが提供するWindows開発環境の最高峰だ」と述べた。

 Delphi 2005は.NET向けの新しいモデル指向のフレームワーク「Enterprise Core Objects II」(ECO II)を実装。ECO IIは単一のプロセスでオブジェクトとデータモデルを作成できるフレームワークで、「モデルを書くこととコードを書くことが直結する」(ボーランド)。ボーランドのTogetherテクノロジによるUMLデザイン機能も搭載する。ボーランドではECO IIのメリットを「モデルドリブン開発により品質が向上する」と説明。ECO IIで新たにASP.NET、Webサービスのビジネスロジックを実装できるようにしたという。

 チーム開発の生産性を向上させる機能も搭載。構成管理ツール「Borland StarTeam」を統合し、ソースコードなどのリソース管理を簡単に行えるようにした。ユニットテスト機能も実装し、テストの効率を向上。Javaと.NETを統合するミドルウェア「Borland Janeva」も統合した。ボーランドでは「アプリケーション開発ライフサイクルを包括的に効率化できる」とアピールしている。

 Delphi 2005は利用規模別に3製品を用意。ECO IIを搭載し、企業のWindowsアプリケーション開発チーム向けの「Delphi 2005 Architect」は1指名ユーザーライセンスで37万8000円。データベースアプリケーション開発者向けの「Delphi 2005 Enterprise」は31万5000円、デスクトップアプリケーションや小規模Webアプリケーション開発者向けの「Delphi 2005 Professional」は7万1400円となっている。

(編集局 垣内郁栄)

[関連リンク]
ボーランドの発表資料

[関連記事]
ビジネスモデルの実装の可能性を問う (@ITNews)
「開発者への道しるべを目指す」と米ボーランド (@ITNews)
ソフトウェアの展開を最適化する「SDO」 (@ITNews)
次世代の開発スタイルのサポートがボーランドのミッション (@ITNews)

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -