ハセキョーも応援、ドコモがFOMA新シリーズ発表

2004/11/18

 NTTドコモは第3世代携帯電話FOMAの新シリーズ「901i」の5機種を11月17日に発表した。第1弾としてシャープ製の「SH901iC」を11月26日に発売する。NTTドコモのプロダクト&サービス本部 マルチメディアサービス部長 夏野剛氏は「3G携帯電話の完成型だ」と述べ、高機能をアピールした。

発表会見にはNTTドコモのCMに出演する坂口憲二さんと長谷川京子さんが出席

 901iシリーズは前シリーズの900iと比較して着信メロディやゲームのサウンドを強化。すべての機種にステレオ効果を出すツインスピーカーを搭載した。着信メロディの対応容量も100KBに拡大した。5機種はすべて2Mサイズ(1224×1632)のデジタルカメラを搭載。NTTドコモは901iシリーズの投入に合わせて、iモードの電子メール添付容量を500KBに拡張する予定で、2Mサイズの画像をそのまま送信できるようにする。動画メールの送受信容量も最大500KBに拡張。現行機種では最大15秒の動画しか送信できないが、901iでは最大75秒の動画を送信できるという。

 今回発表した5機種のうち、シャープ製、富士通製、NEC製の3機種は電子マネーの「Edy」や会員証、ポイントカードとして利用できる「i-mode Felica」(おサイフケータイ)に対応する。新たに東京三菱銀行やヨドバシカメラがi-mode Felicaに対応する。全日本空輸は全国の空港でi-mode Felicaを使って飛行機のチェックインができるようにするという。また、動画を再生するMacromedia Flashの機能を強化。携帯電話とサーバ間で通信できるようにした。NTTドコモによると携帯電話とマクロメディアのアプリケーションサーバを連携させることも可能だという。

左からD901i、F901iC、N901iC、P901i、SH901iC(クリックで拡大します)

 セキュリティ機能の強化も901iシリーズの特徴。携帯電話で初めてコンピュータ・ウイルスなど外部からの不正なファイルを排除する「セキュリティスキャン」機能を搭載した。セキュリティスキャン機能はNTTドコモと米マカフィーが共同開発。NTTドコモによるとセキュリティスキャンはPCのウイルス対策ソフトウェアと同様にパターンファイルでウイルスを検知する。パターンファイルの更新も可能で、新しいウイルスが登場した際はパターンファイルが作成され、ネットワーク経由で配布するという。

長谷川京子さんは900iシリーズについて「おしゃれ。アクセサリー感覚で使えそう」

 現在のところ、携帯電話を狙ったウイルスはほとんど問題になっていないが、「901iシリーズはPCの機能に近づいてきた」(夏野氏)こともあり、今後ウイルスが問題化しても対応できるよう機能をあらかじめ盛り込む。

 夏野氏は前シリーズの900iシリーズについて「(11月15日現在で)約560万台の販売。2004年度内に500万台を超えるという公約を達成した。FOMAの契約者数も約730万台で2004年度内の1000万契約を達成できると思う」と述べた。伸び悩んでいるとされるFOMAのテレビ電話機能についても「8月に1回以上テレビ電話機能を使った人の割合はFOMA全体の18.1%」と述べ、テレビ電話がユーザーの間に定着しつつあるとの認識を示した。夏野氏は901iシリーズについて「1000万台売れる」と述べ、強気な見方を示した。

(編集局 垣内郁栄)

[関連リンク]
NTTドコモの発表資料

[関連記事]
法人市場をこじ開けるNTTドコモのIP携帯電話 (@ITNews)
BREW3.1対応ケータイ向けGUI開発支援ツール、日立ソフト (@ITNews)
携帯電話のバグを無線で修正、ビットフォン (@ITNews)
FOMAは505iシリーズの上位機種となる (@ITNews)

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -