goo、Firefox対応の無償プラグインをリリース

2004/12/25

 NTTレゾナントは12月24日、「goo」上で「Firefox」対応プラグインを提供すると発表した。このプラグインは「goo」の検索機能をブラウザ既定の検索機能に設定できるもの。「Firefox」上部に表示される検索ボックスから「goo」の各検索サービスが利用できるようになる。対応している検索機能は、「gooウェブ検索」「gooブロードバンド検索」(画像ファイルの検索)、「gooブログ検索」「goo辞書(英和・和英・国語)」「gooゲーム」「goo地図」「goo映画」「gooタウンページ」など。同社では今後「Firefox」をはじめとした各種オープンソース・ソフトウェアの対応を推進していく。

 調査カ会社米ウェブサイドストーリーよると、Firefoxの登場で、ブラウザ市場を独占しているインターネット・エクスプローラ(IE)のシェアがじりじりと後退し始めているという。2004年6月4日時点の調査では95.48%だったIEのシェアが2004年12月3日時点では91.8%に後退した(firefoxの2004年3月のシェアは4.06%)。ウェブサイドストーリー チーフマーケティングオフィサー ランド・シュルマン(Rand Schulman)氏は「来年以降、ブラウザ市場で10%のシェアを獲得するのも不可能ではない」と予測している。

[関連リンク]
goo
米ウェブサイドストーリーの発表資料

[関連記事]
SUSE、Ximianの技術を結集、ノベルのLinuxデスクトップ (@ITNews)
Webブラウザだけじゃない、「Mozilla Japan」のミッションとは (@ITNews)
MS Office以外のデスクトップ環境があってもいい、サン (@ITNews)
マーク・アンドリーセン氏とユーティリティ・コンピューティングの未来 (@ITNews)
ライブドア、ターボリナックスを買収してどうするの? (@ITNews)

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -