起動でイライラしない? 高速化したAdobe Reader 7.0

2005/1/12

 アドビ システムズは1月11日、無償のPDF閲覧ソフト「Adobe Reader 7.0」日本語版を、同社公式ページより提供開始したと発表した。米国本社においては2004年12月下旬よりダウンロード配布されていたが、日本語サイトからのAdobe Reader 7.0の提供は延期されていた。

 Adobe Reader 7.0はPDF閲覧ソフトの最新版であり、従来よりユーザーの不満が多かったソフトウェアの起動時間を、従来比で最大80%短縮したのが特徴だ。ズーム&パンも高速化しており、全体的なパフォーマンスを強化したという。また、U3D形式の3Dデータが埋め込まれたPDFファイルの表示が可能になったほか、1月21日に発売予定の「Adobe Acrobat 7.0 Professional版」で作成された『権限付きPDFファイル』に対して、注釈や電子印鑑を施せるようになっている。

 そのほか、ポップアップブロッカー機能の付いた「Yahoo! ツールバー」を搭載。インターネットや閲覧しているPDF文書内の検索を、Yahoo!のサーチエンジンを用いてできるようになった。

[関連リンク]
Adobe Reader 7.0ダウンロード公式サイト

[関連記事]
Acrobat 7.0は、セキュリティとコラボレーション (@ITNews)
アドビが考えるPDFと「ドキュメントフォーカスのWebサービス」 (@ITNews)
"いきなりPDF"とは違います、本家本元アドビがPDFセミナー (@ITNews)
「Adobe LiveCycle」が前面に、アドビのPDF戦略 (@ITNews)
アドビがPDF標準化を急ぐわけ (@ITNews)
「Do you have a HONDA?」を目指すアドビCEO (@ITNews)

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -