携帯電話に「電子三半規管」、ボーダフォン

2005/2/1

 ボーダフォンは1月31日、愛知製鋼と共同で、ワンチップの姿勢制御センサー「モーションコントロールセンサー」を開発したと発表した。2月中旬以降発売の第2世代携帯電話の新機種「V603SH」(シャープ製)に搭載する。センサーを制御するためのJava仕様も一般公開する予定で、さまざまなコンテンツに応用が可能としている。ボーダフォンは姿勢制御技術に関して、愛知製鋼と共に国内外で特許を出願しており、今後もセンサーの研究開発を推進する。

ボーダフォンが発表した携帯電話「V603SH」(左)と「V603T」

 モーションコントロールセンサーは、地磁気と重力を基準として身体バランスや動きを検知する。人の三半規管に相当する「電子三半規管」の役割を持ち、モバイル機器の姿勢と動きを高速で検知・数値化してデジタル制御することが可能になる。今回、磁気センサーと加速度センサーをワンチップ化し、世界最小サイズを実現した。

 モーションコントロールセンサーを携帯電話に搭載することで、携帯電話の姿勢角度でコンピュータグラフィックスを自由に制御できるようにした。V603SHにはこの技術を利用した5つの機能がある。携帯電話を振る動作によってあらかじめ設定したメニューを呼び出すモーションコントロールショートカット、上下左右に傾けてカーソル移動を行うモーションコントロールカーソルなどである。例えば、携帯電話を振ってスケジュール帳を開き、上下左右に傾けてカーソルを移動させて予定の確認などの操作が可能だ。

 V603SHにはモーションコントロールを利用したゲーム「The House Of The Dead MOBILE」(セガ)、「振るスイング!ゴルフ」(タイトー)の体験版がプリインストールされている。本体をガンコントローラーやゴルフクラブに見立て、掲げたり振ったりすることでプレーが可能。

 ボーダフォンはモーションコントロールセンサーの第3世代携帯電話への搭載や、「今後必須に近い」(ターミナルマネジメント部 部長 森一幸氏)GPS機能への応用も視野に入れている。

(@IT 長谷川玲奈)

[関連リンク]
ボーダフォンの発表資料(PDF)
愛知製鋼の発表資料

[関連記事]
DDIポケットが256Kbps通信開始へ、定額音声通話も検討 (@ITNews)
ハセキョーも応援、ドコモがFOMA新シリーズ発表 (@ITNews)
法人市場をこじ開けるNTTドコモのIP携帯電話 (@ITNews)
BREW3.1対応ケータイ向けGUI開発支援ツール、日立ソフト (@ITNews)

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -