法人向けIP電話サービス市場で、新しい内線通話スタイル

2005/2/3

 アイティフォーとフュージョン・コミュニケーションズ(以下フュージョン)は2月2日、法人向けIP電話サービスの分野で提携したと発表した。アイティフォーの「ITFOR MoIPサービス」とフュージョンの「FUSION IP-Phoneサービス」を連携させた新たなコンセプトのIP電話サービスを開始する。今回の提携により、インターネット内線通話サービスで外線通話が可能となる。両社のサービスを組み合わせることで初めて実現した。

 アイティフォーが提供するITFOR MoIPサービスは、無線LANに対応した携帯型IP電話機やインターネットビデオ電話機などを用いて、社内外、国内外を問わずインターネット環境に接続可能な場所から内線通話サービスを提供するというもの。拠点の場所を問わず、ブロードバンド回線とブロードバンドルータを設置するだけで海外拠点も含めたグローバルな内線電話網を構築できる、というのが特徴である。

 このITFOR MoIPサービスに、通話料全国一律をメリットとしてサービスを展開するFUSION IP-Phoneサービスを組み合わせることで、外線通話料の大幅圧縮が実現する、と両社はアピールする。例えば、グループ企業全体で加入者間通話無料のFUSION IP-Phoneサービスを利用し、ITFOR MoIPサービスを連携させることで、グループ企業間に限り、外線通話無料の全国電話網を構築することができる。

[関連リンク]
アイティフォーとフュージョン・コミュニケーションズの発表資料

[関連記事]
パワードコムとフュージョンが電話事業の統合を検討 (@ITNews)
IP電話主流の時代まであと3年 (@ITNews)
法人利用が急増、2003年はIP電話元年になるか (@ITNews)
N+IはVoIPで電話を掛け放題 (@ITNews)
実用化にらむ無線ICタグ、ユニシスが管理ソフト出荷へ (@ITNews)

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -